晴れときどきハーレー

30歳になったら絶対にハーレーに乗ると決めていた。


その為に28歳で大型自動二輪の免許を取りに

教習所の門をくぐった私は、

教習用のCB750で 減速が下手くそすぎて

コース内のカーブを曲がりきれずにスリップし、


その瞬間、特殊能力とも呼べそうな反射神経でバイクから手を離し

うまい具合に倒けもせず、コース内の壁に滑りながら激突するCB750を

ボーゼンと立って眺めていた。


私は無傷でバイクは重症。教官おかんむり。


急制動という時速40キロ程度から急に止まる練習では、

バイクも急には止まれない、というシステムで派手に転倒。

肋骨を折った。


これほど鈍臭い私でも期限内に大型免許を取得し、

念願のハーレーを購入することができた。

30歳でハーレーに乗る夢を叶えたのだ。

がしかし、

人生には色々予期せぬ出来事が訪れる。

結局 諸事情から、このローライダーを2年ほどで手放し

岡山に来て子供を二人ほど産み落とし

6年が経とうとしている。


・・・またバイクに乗りたい。


そんな思いがまた沸々と沸き起こる。

車も欲しいけどバイクにも乗りたい。


ペーパードライバーすぎて、どっちがクラッチだったっけ?なんて

言ってしまうかもしれない。


でも、Harley-Davidsonが欲しいなんて言いません!


「国産のアメリカン」とも言いません!


「中国産のジャパニーズ」でもいいです!喜んでー!


バイクと一体になって風を感じるあの爽快感、開放感。


想像しただけで涼しくなってくるけれど、

夏場のバイクの熱さをふと思い出してしまった。


マフラーの熱で太ももとかふくらはぎとか火傷寸前で

あまりの熱さに、大股開きでバイクに乗り

それでも熱いから、思わず...

こんなアクロバティックなポーズでも運転できるんじゃね!?

なんて思って、高速道路で試しそうになったりもしたもんだ。


・・・・やっぱり・・・・

・・・もう少し(心が)大人になるまで我慢した方がいいのかもしれない・・・ね!


*panipaniでは賢く安全に走れる中年女子バイカーを募集中です*

*10年後の2026年あたりに「第一回panipani中年女子ツーリング」を開催予定です*

*ふるってご応募ください*


pani pani

岡山 箕島.妹尾地区で営む  一見さんお断りの小さな美容室&雑貨屋。