休むということ

私は休むことが苦手だ。

美容師という職業柄なのか、それとも島のウナグ(女)だからなのか分からないが

とにかく休むということが苦手なのである。

苦手だというのに、「休みたい」「ゆっくりしたい」などと言うのだから

支離滅裂である。


美容師はお客さんあっての仕事であり、
苦労して技術を修得してもお客さんがいなければ意味がない。
だからこそ、お客さんが望めばいつでも自分が持っている技術を発揮したいと思うが故、休みでも予約を入れてしまったりすることがある。

そんなpanipaniも、もうすぐ三周年。

予約がなかなか取れなくてお客さんに不自由な思いをさせる事も多くなり
休める日もすくなくなってきた。

だけど、その少ない休みに予約を受けることは逆に減ってきたのである。
なぜなら、四十路が近づくにつれ自己管理という言葉が重くのしかかってきたのだ。
ぎっくり腰だの、肩こりからの腕の痺れ…
体重増加、、、orz

大好きな仕事だからと、やり過ぎて身体を壊しては意味がない!

しかも今まで目を瞑っていた体重増加問題に至っては、体内年齢51歳という驚きの弊害まで発覚してしまった!

これではいかん!と、一念発起‼️

何とか体内年齢を3週間で47歳まで落としたが、実年齢にはあと8年もある!

これは仕事してる場合ではないのかもしれない!
と、自分に言い聞かせ、積極的に休みを取るようにして
体力作りに励んでいる次第である。

そんなマイペースなpanipani店主だけれど
どうかどうか温かい目で見守ってやっていただきたい。

と、心から願う食欲の秋なのであった❣️

ちなみに、明日は昼から友人宅でBBQあるんで、朝の予約だけであとはやすみまーす💗😆

pani pani

岡山 箕島.妹尾地区で営む  一見さんお断りの小さな美容室&雑貨屋。